サーバーエンジニアを目指している人には、良い情報となるかは分かりませんが、求人は一定の量が確保されています。しかしながら、その求人枠にさらなる知識が求められるような時代になってきているのです。

サーバーエンジニアの仕事といえば、サーバーの設置から運用・保守ですが、OSへの知識も必要とされています。それまでならば今まで通りで良かったのですが、最近では自社にサーバーをおかずに、クラウドサービスなどを利用する会社も増えてきました。
このため、最近のサーバーエンジニアにはネットワークの専門知識も求められるようになってきました。

ネットワークの知識を習得しているというと、インフラエンジニアもこれに該当すると思います。
もともと、サーバーとネットワークというのは別物として考えることが出来ない流れがありましたので、インフラエンジニアに必要とされる知識は最小限で済むかと思われます。

物理面の方が強いと思われがちのサーバーエンジニアの仕事ですが、これからはどんな仕事にも多様性が求められるようになっているのです。
だからこそ、垣根を超えて知識を得ることは、今後の活動に大きな影響力を持っていると考えられます。

また、インフラエンジニアがサーバーエンジニアに取って代わる可能性も0ではありませんので、今のうちから知識を吸収していくことが、生き残るために必要不可欠といえるのです。

私の勘では、インフラエンジニアとサーバーエンジニアの境界線は曖昧なものになっていき、どちらの作業もこなせる人というのが出てきて、そういった人たちに統合されていくと考えています。
だからこそ、サーバーとインフラとどちらも扱えるようになっておきなさいというのは、ある種の予言だとも言えるでしょう。

なんにせよ、仕事の幅が広がれば、それだけ求人も取りやすくなってきます。
インフラエンジニアとしても活動できるし、サーバーエンジニアとしても活動できれば、どちらからの求人にも好きな様に対応することが出来るのです。後々のことも考えて、新しい知識を得ておくことは、今後の投資にもつながってくるのです。
サーバーエンジニアに興味がある方は、こちらのサイトで基本の知識やキャリアップへの知識を習得してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です