転職を考えている方の中には、「思い切ってサーバーエンジニアへ転職をしたい」と考えている方もいると思います。中には、「地元に戻って、サーバーエンジニアになろう」と考えている方もいれば、「以前から移住したいと思っていた街に移り、サーバーエンジニアとして活躍したい」と考えている方もいるかもしれませんね。

では、サーバーエンジニアの都道府県別年収について、ご紹介しましょう。まず、サーバーエンジニアで一番年収が高いのは東京都。年収平均は、560万円前後。「かなり、高い収入になるなぁ」と思われる方も多いと思いますが、東京都の場合には派遣社員として活躍している方が多いのが特徴となります。

次いで多いのは、神奈川県、千葉県となっており、神奈川県で派遣社員として活躍している方の平均年収は540万円前後。正社員として活躍している方は510万円前後。千葉県は、派遣社員の方が多く540万円前後となっています。そして、福島県は正社員で510万円前後。埼玉県は派遣社員が多く、510万円前後。逆に年収設定が低いのは、富山県となり270万円前後。こちらは、派遣社員が多くなります。石川県と宮崎県、福井県は契約社員が多くなっており、300万円前後の年収となっています。

このように、地域によって収入差があるのも分かりますが、雇用形態などによっても変わってくることが分かります。よって、サーバーエンジニアの年収は都道府県によっても大きな差があると言えます。UターンやIターンを考えている方は、お住まいになる地域の平均年収も事前に調べておくことをおすすめします。事前に知っていれば、就職後に「収入額が低い」とショックを受けることもなくなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です